2007年11月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ

・プーチンの親父は特殊部隊員、その親父の親父はレーニンのコック

凄い一族だな、おい。っという訳で今「剣と盾」という本を読んでいるのです。うん、KGBでおなじみのあれです、あのKGBの紋章です。ちょい昔の本でありまして、KGB及びGRU(スペツナズで有名なやつ)の組織・機能及び国内外の諜報活動をまとめた本です。頭の悪いヤードさんにも実に分かりやすい内容で、特に第一章のロシア帝国から現ソ連邦(この本が発売された頃はマダソ連はあった…)及び第三章のKGBとGRUの組織機能は読んでいて実に楽しくためになるものだった。いやはや如何にKGBがどでかい組織であるかを思い知らされたしだいです。007を見て育った自分にとっては有難い本です。


・狼耳モード

なのです。実に良いですねえ、何となく最近狼耳にはまっております。つい数年前までは狐耳でしたがね、いやはや良いですねえ、実に良いですねえ。とりあえず箱星は宇宙ものなのです。と言う訳で人外もおkなのですよ、多分。そんなわけで狼耳+尻尾付きというどこの萌え漫画だよというわけの分からん設定で頑張りたく思います。
スポンサーサイト

熊のプーさん

プッさん

学校に半袖と薄いジャンバーで行ったら皆様に馬鹿笑いされました。だって数日前まで暖かかったんだもの…まあ実際に外出た瞬間死ぬほど寒かったけどね。



・さようなら箱紛


なのです。実に残念でした、管理人のケイチョウさん短い間でしたがありがとうございました、ご受験がんばって下さい。それにトラニアさん、もしはここくであったらまた宜しくなのです。

・今更エースコンバット5


何とも激難しい、報復の連鎖というところで止まっております。一週間ほど。もともとゲーム下手なヤードさん、おまけに対地兵装なしという。とりあえず戦車と攻撃機を重点的に攻撃するらしい。どうにも前作が易し過ぎたのだろうか?4ばかり繰り返しやり続けてた自分にとっては難しすぎて困る。


・ロシアの制服計画

詳しくはしらんけど、現在のロシアの勤務服が気に入らない。いや別に対して変わらん気がするけど、何となく気に入らない。いや気に入らないからってクレムリンに単独潜入して「同志諸君!やめろ!これは人民の共有財産だ!」とプッさんの前で言うわけではないけど(よく考えてみればモスクワじゃなくサクンクトペテルブルクだそれは)
まあただ単に、あの旧ソ連軍とは違った襟章が何となく嫌なだけですがね

白人社会主義団結党

・箱庭紛争社会


何か、あれです。反共うたっているくせにトラニアさんから支援受けちゃいました。まああれだよね利害が一致さすればがっちりだよね。まあ何ともトラニアさんの支援で何とか通常の国家としての運営ができたので、何とも有難いです。馬鹿なヤードが勝手に自滅しているだけだろという厳しい突っ込みはなしです。
ってよく見ればトラニア国共産主義体制じゃないし矛盾してないな。むしろ反共だし。うん。あれ・・・じゃあ純粋な共産主義国は一国も無いということなのか。

・にゃんこぱわー!

VDVのMADといえばいいのだろうか。それに最近はまっている。ブラックラグーンのバラライカさんもスペツナズだかVDVだからしい。袖章とかカッコいいよね。あれがすきなのです、独特なあの野戦服だか勤務服だか知らないけど、そのあれです。



・漫画とか

最近完全版だか何だかが出たらしく、どうにもニュースで騒がれている某先生の漫画を古本屋でゲットした。まあ別に隠す必要は無いので言ってしまいますが漂流教室という漫画です。どうにも前々から気になっていた物で特に巻数も少ないし集めよう、集めようと思い早数年、ようやく文庫版の1巻と2巻をゲットしました。内容というと実にあれです、いやはや良いですねえ。関谷のおっさんが良い味を出しております。たぶん実際にあんな世界に言ったらまず一番に狂うな。自分と思いながら読んでおりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。