2008年11月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば

mixiが招待制から何かに移行するらしいですね。

ヤードさんにとっては、よく未成年の方々が実名でしかも数々の珍行動を自ら暴露し大人達に怒られる不思議な場所と言う認識しかありません。情報弱者であるヤードさんにとってはその程度の感じです。

これからも華麗に横からゾォッと見守ってるぐらいしか出来ませんが、未成年の皆さん、お酒とかは二十歳になってから飲むのですよ。


ヤードさんとの約束だよ(´・A・`)


・昔調べて知ったんですけど


生徒は小中高生で、学生は大学生限定らしいですね。じゃあ専門は何なんでしょうね、調べりゃ良い事だけど、無気力から調べる気も起きません。


・漫画


怪物王女の最新刊が発売するだとか何だかが。よく本屋さんにおいてある今月発売する漫画の一覧表?見たいな感じのにのっていたようなのってなかったような。とりあえず今もっている巻数をよく確認してから本屋へ行こう。明日にでも。いや来週でいいか。


・来月から


郵便局のアルバイトです。緊張しまくりんぐです。
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

じょうせい

・箱国戦線


見続ければ、心の中で見えるといわれましたが、私には無理です。っと言うわけで放棄されない程度に保守しながら運営する。


・箱星戦線


ヴォルフ帝国と相変わらずぶつかったりぶつからなかったり。あとヴォルフ帝国陣営にて内紛が勃発した模様、当たり前と言えば当たり前の事態だと思うけど、っまあ後ろ盾もなくあんなことしているようだったら、可哀想だけどすぐに鎮圧されるんじゃないかな。
ヴォルガ連邦共和国の兵器を購入した。何だか皆さん兵器余りのようです、自分のところは全然ありません、つい最近ニーレン国と資源を交換したけど足りません、資源なら腐るほどあるけど。色々とこういうバランスと言うのは難しそうです。そこを乗り越えて運営なされている専守さんやヴェイロスさん、それにリナコ同志は素晴らしいです。

反米愛国

・アニメ

アニメなんて嫌いだよ、なんで流れる絵に自分も合わせてみなきゃいけないんだよ、脳内で好きな声優が音読してくれるし、原作読めばいいし それで解決だし(´・ω・`)



かんなぎ原作買ってみたらおもしろかった。でも時は既に遅かった、半シーズンすぎていた、今からみても話し分からないし、原作が面白くなくなるし…

ここ半年深夜アニメをまともに見てません、みたと言えば録画しといたヒャッコを見たぐらいです。途中からだけどリアルタイムで見続けた深夜アニメと言えばぼくらのぐらいです。専守さん本当にありがとう、こんな面白いアニメを僕に教えてくれて。

そもそも時間帯が悪い。アニマックスだかキッズステーションでやっているちびまるこちゃんの再放送とローカル局でやっている夕方辺りにやっているちびまるこちゃん これまた再放送ながらこれを毎日確実に見てます。キートン山田の独特な突込みが生きてた頃の貴重なまるちゃんです(尚ローカル局でながれているまるちゃんはやや劣化気味の時期)面白いです。これに勝てるアニメは自分は知りません。

っまあ何が言いたいかっと言えば富士山は静岡のものじゃー!!!!!!!1111

何だか話の主軸が思いっきりぶれてますが気にしないでください。毎日のようにブログを更新している人はすごいです。某氏もいっておりましたが。

ユーエスエー!ユーエェスエェェー!!!1

・本


旧ソ連、中国関係の情報機関 関連の書籍を購入した。あとはNF文庫の憲兵物語を購入。

んでもってはやて×ブレード購入7,8巻を購入する。何時の間にか違う出版社に移動してい居ることに気づく、今更かよ!っという突っ込みはなしね。

おまけに新装版でてるよ…、、、何やってんだよ、ヤードさん。。。
相変わらずメガネの子は可愛いです。ゼロインのロシアンみたいに可愛いです。あだなもかなりいいです。ロシアですよ。アブブブッブブブ


・今週中にどうやら図書館が一時閉館するから


本を借りに行こうと思います。唯それだけです。蓄えられるヤードさんの語彙、それと同時にうちすてられる語彙の数々。

ちょっと難しい言葉言って見ました。現代文の授業でならいました。みんな、勉強できるってことはすごく素晴らしいことなんだぞ!素晴らしいことだからサボっちゃだめだよ!教育とは素晴らしいことなんだよ!治安と並んで素晴らしいことなんだよ!勉強しないとこんな人になっちゃうからね!


・どのスポーツ全国指導者と一緒に意気投合したい?


ボクは!(ry

スポーツの冬です。そうです、スポーツの冬です。待ってましたスキーシーズンです。っといってもここ3,4年行ってません。そのブランクを乗り越え滑れるかしらんけど来月中には行って見たい。
行く人は居ません、唯一人黙々と滑りたく思います。フヒヒ、いつかこのスキー術を披露する相手がほしいですね、フヒヒヒヒヒ。

尚スキーは、ヤードさんが唯一まともに出来るスポーツであり、他は下手とかどうとかと言う以前の問題であることに注目していただきたい。別に注目されても困るけど。

スノーボードでひっくりかえっているあんちゃんねえちゃんたちを目前に華麗に滑るあの楽しさ、人間たる物一つぐらいはとりえがあるというのは本当のようだ!!!!!!!1111

警察裏物語

実に面白い!警察と言うもの、どこかかたぐるしく一般とは隔離されたような集団と思っていたが(一部分それに該当するようなところがあるらしいですが)実に一般人と同じ、それでいて安月給でがんばる素晴らしい大変な仕事なのだと感じ、そしてロス市警での話を少し触れられており、日本の警察が如何に正常で素晴らしい物だと思うものです。
また、70年代にクリスマスツリー爆弾事件を発端とした連続爆弾物テロ時にての、交番勤務に当たっていた当作者の話が出ていた、時限爆弾たるもの時間を急ぐものだけあって、何と爆弾処理班が来る前に爆発物を探し出せと言う…作者もそれに志願し、ビル内を捜索する話は何とも…警察と言う物は命掛けなのだなあと感じた次第。
また長年の謎だった踊る大捜査線の「管理官」と言う役職についても説明があり、実にためになる話だった。
つい最近続編が出た模様だ、今度は図書館で借りるのではなく実際に購入してみたいと感じてみたりしなかったり。

なーちーすー

・ヴィーチャ・U・スクリャービン
スクリャーヴィン第一書記



ヤードゴニエ連邦の事実上の最高指導者。当初はアナニエフ同様自由族・騎兵派ブロック所属だったけど何時の間にかアナニエフと対立したと言うことにして、権力を掌握した。

・ソフィア・N・ラスコーリニコワ
ラスコーリニコワ人民委員会議議長


スクリャーヴィンの人民委員会議議長辞任を受け急遽就任した。この人もまた自由族・騎兵派ブロック所属だったけどいt(ry 

何だかんだで長年、アナニエフとトリオを組んでいた三人。そりゃ仲間割れだってするさ、人間だもの。
ラスコーリニコワの画像は最高会議代議員に初選出された頃の画像

THE・不審者 

・数年ぶりの母校 某小学校へ


に行ってきた。特にこれといって意味もなく行ってきた。何だかパソコンやっているか本読んでいるか、それかたまに絵を描くぐらいの日々ゆえに、何となく「○×小学校今どうなってるんだろうなあ…」っとフッと思い立ちこの寒い中我が母校へと進むのであった。

日が暮れた頃に行ったせいかほとんど小学生がいない。いや居たらいたで鬱陶しいし、THE・不審者ともいうべき姿形、挙動不審をなヤードさんが歩いてたら速攻で通報物です。
富士山がよく見える場所で少し休憩しながら「ああ、ボクはこんなきれいな富士山を見ながら毎日六年間歩いていたんだなあ」っとしんみり夕日をバックに思うヤードさん。あの子は今何をしているのだろうか、あの先生は今は元気なのだろうかっと考え込みながら休み、そしてさらに前進。

ようやく小学校に着いた。しかしながら今のご時世、THE・不審者とも言うべきヤードさんが校内を歩き回るようであれば、即座にさすまたをもった聖職者の方々がぞろぞろ来るに違いないと思い回りから見回してみた。特に何も変わってなかった。何時もの学校でした。。。

最後に携帯で学校の風景を写真でぴしゃりっと撮り、家路に着いたのでした。

読んでる本

・警察裏物語

を今読んでいるのです。おもすれー。第一章の伝説の警察官のところまでしかよんどらんけど、実に面白おかしく、そして簡潔に書かれている。集中力のないヤードさんでも何の不満もなく読めるぞー。
職質の天才で刑事になるべきと推薦されるも、今の状態を本望であり断り続ける老警官、交通から公安に異動した白バイ警官などなど。おもすれえなあ、、、

目次のところの刑事警察と公安警察についても気になる、木になる、大きな木になるでしょう。

情勢

・箱国戦線


例の件が発覚した際 同盟国である神州国に、某対戦国に対する焦土案を提出してみたが、ルージェ国のみやげにすることになるからだめだといわれた。ちょっと不満だけど仕方ない。
あと他にいいたいことはいっぱいあるけど、言い出したら際限ないから控えとく。

リルバーン帝国と関係強化と共に、エンスタンシン人民共和国に対する政務院令を発令。今まで放置状態下だった事をこの場で謝罪申し上げます。



・星箱戦線


アクエリ国と安保締結なのですよ。ディルタニア諸惑星に於ける平和協定締結に続き、安保締結です。
ヴォルフ帝国に対しては、今後とも緊張した状態が続く模様。たぶん。
あとエストレンジー国と資源・兵器の売買が約束された。

偉大なる同志の名を冠した

・また風邪うつされたから

絵描いた

、M4中戦車
M4シャーマン


多分76mm砲のやつだと思う。かわいいなあ、可愛すぎるなあ、のっぺり感がたまらないなあ。絵として描いてみるとその可愛さが伝わらないのが困る。なんか砲塔がへんだ。もう一度描いてみよう…。


、コサック
コサック


と馬さんです。カラシニコフ・自伝を読んでいて無性に描きたくなったので描いた。馬さんが難しかった。足がカオス。


、偵察部隊
ソ連兵

大戦中のアメーバ迷彩?を描いてみた。迷彩はよく分かりませんが、このタイプのやつは好きです。
持っている銃器はDP28軽機関銃。デグチャレフさんの名前がカラシニコフ・自伝に何度も乗っていたことと好きな軽機関銃の一つなので描いたのです。難しかったのです。

クラトニアさんとのメッセにて

・ファシズムに転向した

一、二年ほど前、東京都知事選にて言っている事がどうにもわけの分からん、それと同時に過激なメッセージを投げかけてきたかの外山さん。どうやら現在はファシストであるらしい(東京都知事選の時点で既にファシストとのこと)。
ヤードさんは数日前までその言動からアナーキストの一派の人なのかと勘違いしていた、しかしつい先日ほど前のクラトニアさんとのメッセにて彼がファシストであると言う話が出て、「はて、どういうことだ?」っと思い、早速調べてみると、ウィキペディアにて外山さんの思想と人生について長々と書かれ、読んでみるとした。
っとすると彼は既成の左翼(新左翼も含む)それらとは一線を画した最左翼であると言う説明がなされ、現在存在するアナーキズムに関連するものについても既成の左翼として含まれているため、厳密にはアナーキストではないとかかれていた。
しかし思想犯として服役(実際は女性との口論のさい暴行をしたとのこと)され、このことをうけ?ってか現在の日本は戦時下である、この状態はかつての戦前・戦中にて日本共産党員らが多数左翼から転向したとの同様に自分も(ファシストに。またほかの理由としてイタリア・ファシズムを率いたムッソリーニは元左翼からww1をへてファシストへと転化した事を例に取り、元左翼はファシズムへの転向はある種必然性であるといわれている)転向したと記され、現在に至る。との様子。
なんとも、読んでいると、いや実に失礼ながら本人の倒れても唯では起き上がらない精神と行動性に何とも何とも感心した次第。。。
反管理教育運動を出発点にっというついての話の根元なども論じられたりと、中々分かりやすくまとまっている。
ウィキペディアの外山さんの項目を読みさらに深く彼の思想性の難解さと人柄、そして行動力にほれてしまった次第です。

最後に公安調査庁の公安調査官が彼の思想性に関して調べている最中にてあやまってその調査書が外山さんの手に渡り、批判されると言う話にちょい吹きかけたりしなかったりとな。公安警察も同じ事をやっていたことは知っていたけれども、公安調査庁もそんな事をしているのかと。どうなってんだろうね、この国は>< でも愛してます。

カラシニコフ・自伝

現実は小説よりうんたらとか言う話があるとおり、まさにカラシニコフさんの人生は波乱万丈と言うべきか(おもに少年時代から大祖国戦争にかけて)またこの本書を読むことによりカラシニコフさんがクバン・コサックの血を引くと言う話が最初になされたことによりヤードさんの興味がAKに関する興味を上回りそれに関連した話が出ないかとwktkしながらページをめくりました。
三頭以上の家畜を持つ農民はクラーク(富農)と指定され、シベリア行きとなる。農村内では密告が盛んに行われ、カラシニコフさんのクラスメイトが家族ごとシベリア行きとなる、そして自分たちの一家もついにシベリアへ行くことになった。
しかしシベリアの過酷な農作業や寒さ、害虫との闘いにも負けず進んでいった。カラシニコフさんはそこでは終わらない、シベリアから二回逃亡しているわけだ、一回目は少年時代に、二回目は国内パスポートを偽造し、その資金を経て逃亡するのであった。
その後逃亡に成功することにより、元クラークでシベリアから逃亡したことが発覚するのではないかと言う心配をソ連邦崩壊まで脳裏からはなれなかったと言う話にはどうも実に大変な人生であったと言うべきか…そんな言葉では拭いきれない人生です。。。
軍隊生活にては大戦前にて戦車に関する改良を行いジューコフの目に留まり、大戦前にジューコフと直接話し合ったとか、大戦中は負傷し、病院にて数々の負傷者の助言を経て銃の基礎を勉強し、戦後は突撃銃の開発メンバーに選ばれた。この渦中にて大戦中にソ連邦で活躍した数々の銃器の開発者とライバルとなり戦っていたと言う話は実に興味深い。
その後大戦も終わり、最高会議議員に選出されこれまたソ連史ではお馴染みの人物と何度も話したまたは話しかけようとしたが勇気が出ずに出来なかったと言ったエピソードはこれまた面白い。
何だかんだで名誉的な物を何度も受け取っている人物なのだから戦後は相当優遇されていたのかなと思っていたが質素な生活を送り、今もその生活に技術者として工場で活躍している。何とも何ともソ連とは不思議な国だなーと感じさせる一冊でした。

一連の本書を目を通して読んでかんじたのは、カラシニコフさんは愛国者であり、AKに対し全生涯を捧げたと言っても良いのではないでしょうか。ってな陳腐な感想しか出ず、、、とまあ。。。
[ 続きを読む » ]

買ってきたものとか色々と

・郵便局のアルバイトの面接


行って来た。面接と言われるようなことはしてないけど。ちょこっと緊張、ちょこっとwktk感。


・買ってきた物


朝日新書の「カラシニコフ自伝」とプラモの1/48 M4シャーマン戦車を買ってきた。カラシニコフ自伝の序説をさらっと読んでみた感想は本当に運の良い人なんだなあって、そんなわけの分からん平凡な感想。
当初のAK-47配備があまり優遇されていなかったと言う話にはちょいびっくりしつつも今から読むことにwktkする次第。


・明日は

M4シャーマン作りながら、録画しといた相棒 最新話をみる。これで一日をつぶす。

タヴァーリシチ

・ヤードさんのプラモ日記


kv-1とsu-122を塗装。間違えてドイツ軍用のダークグリーンスプレーを買っていた事を今更気づく。
…素人なんだからそこまで極めなくてもいいよね!っと変な方向に前向きなヤードさんスプレーを噴射。換気をよくすることに気をつけつつ。ベランダで一日干す。

次の日。ダークグリーンの上から必要な色をペタペタと塗り始める。キャタピラに必要な色がないことに気づく。…っまあ素人なんだからそこまで極めなくていいよね!っと再び開き直り。

説明書に従い、次はsu-122の迷彩にチャレンジしてみる。何だか塗っている時には楽しいのだけど、いざ正気に戻ってみてみるとこれは酷い…酷すぎる……っまあ初めてだしこれぐらいで良いよね!更に開き直り現在に至る。

今は乾燥待ち。

終了。

今になってだけど

パンプキンシザーズのアニメを見とけばよかったと思うヤードであった。


それだけです。

アナちゃん(アナニエフ)がどんだけすごいキャラか

その1

ヤードゴニエの前身たるトゥターエフ誕生と共に誕生。当時は外相(外務人民委員)だった。その頃はミチカ(アナちゃん名前)と呼ばれていた。何で名前で呼んでいたかってのは、その頃のヤードさんがミチカを苗字だと勘違いしていたためだ!!11111。気づいたころには遅かった。実に四年位を通じて存在したオリジナルキャラ!!!!!!!!11


その2

ベリヤさん失脚以後何だかんだで今まで大戦に負けず(講和とか勝手に単独講和とかたんどk(ry )権力を維持し続けた!!!11 因みにベリヤさんはモーリス・ベリア主義のベリヤさんだ!!!1何時の間にか死んだことにしているけど気にしない!!!!!!1111


その3

安武皇国の太平首相に一方的な愛にあふれている。これは勝手に作った設定で、安武さんも報道で何だかんだおもしろおかしくやってくれた!!!1うれしかった!!1


その4

最初は親三派として誕生したキャラが何時の間にか、ボケ爺と化していた。


その5

紫苑さんにアナちゃんの絵を描いてもらった!!!11 すげえうれしかった!!!111今も箱庭フォルダに保存されている!!!!1111


その6

現在はその子孫が狼耳を生やし外相をやっている!!!1111
多分アナちゃんの一族が帰化したんだろうとかんがえて…っまあいいや!


っというわけでおわり!!!!11111

以下愚痴!!!!!!!!!!!!!!!!!11



[ 続きを読む » ]

アナちゃん失脚したから

絵描いた。

、モコモコ
モコモコ


武器屋を読んでいると何だかソ連軍のチェラグレイカみたいなのを来た絵が出てきたので描いた。難しかったです。


、砲身ながすぎね
BT-7


いやほかに突っ込む場所は色々あるけど。赤軍戦車中隊。時期は多分ノモンハン事件。絵ってやっぱ難しいなあ。


、戦後のソ連兵
ソ連兵


あのダサダサ感がいいよね。007の古いのみてはまった。。。ソ連は死んだ!!1、もういない!!1描いている途中で気づいたけど何で左手で持ってるんだろうね。っと言うわけで彼は左利きと言うことで強引に描いた。


、矢連邦海軍歩兵


矢連海軍歩兵

ヤード連邦の海軍歩兵さんです。なんでAKもっているのかっていうのは箱庭七不思議のひとつとして片付けましょう。


あとシュトルモヴィク描いたり、海軍歩兵さん描いたり、描いたり、かいt、kたうおいあjg

別に懐古じゃないけど

サンシューさんとの報道合戦は面白かった。ヤードさんの拙い報道に毎週のように返してくれるサンシューさんの優しさにボクはメロメロでした。

三洲高級指導部、キッショウジの傀儡ミブ、キチジョーさん。


ヤードさんにとって永遠のライバルなのは、言わなくてもわかるだろ!三洲連合共和国だわさ!!1(一方的な)


今は全然面白くないと言うわけではないよ!!!111

ヴェイロスさんやプラムさんがやってたの

プラムさんにやってみないかといわれ、やってみた><


貴方のタイプはcacab です


性格
センチメンタリズムに、どっぷりと首まで漬かって仕舞った人生です。人に幾らだまされても、暫く時間が経つと又、ケロッと忘れてしまって居て、人を信用します。厳しい世間の為に泣きを見ても、人生の何処かに救いを見出して赤提灯の下で、歌が唄える、云って見れば幸せな人です。

明朗楽観タイプ(M型)


…どうやら吟遊詩人みたいなタイプらしいです。中身はスタちゃん並の疑心暗鬼野郎ですが所々当てはまるところがあってワロチ。だまされやすいと言う点についても当てはまっている。

ざっきっきん

・やっと集め終わった漂流教室


ロボットこええよ。パン屋のおっさんすっかり忘れたころに突然出てくるなよ、びびったじゃないかw


・妹とヤードさん


妹「あれ、髪切ったの?」
ヤードさん「…!?」
妹「いや、切ったのかって聞いてるんだけど?」
ヤードさん「数日前に切ったんじゃい!!1
毎日会ってるだろうが!1」
妹「ええぇーそうだったのー!!」

漫画感想

・アークザラッド2のゲームと漫画


某スレでアーク2関連の話題が上がった為に何だか無性にまた読みたくなって来たので自室に篭り読んできた。

なんだよ…可愛すぎるぞ…西川先生が描く子供って…その分白い家の子供たちの末路を見ているとなきたくなる…。ゲーム版ではなんだかデヴの変態おじさんみたいだったジーンも、漫画版じゃ美少年!びっくりするほど美少年!そしてグロい!ヤードさんが一番好きなキャラですよ!

唯一つ西川版アーク2に不満があるといえばロマリア四大将軍の内二人しか登場していないこと。この漫画、あの「へぶし」や「ロイヤルガードの名にかけて」等々の名言を言い放った二人の将軍も忘れないでください!特に後者はゲームをやっていた人の頭の中の人ですら存在を忘れされている人が多数だ!これは悲しい!悲しいぞい!…その証拠に自分も三将軍の名前を言えますが、その忘れ去れている人は覚えておりませぬ。だめじゃん。



・邪眼は月輪に飛ぶ


藤田先生の漫画との出会いは少年サンデーで連載を開始したからくりサーカスです。連載をリアルタイムで読んでいたせいか微妙にノビノビ感でいっぱいいっぱいであったからくりとは違い一巻でコンパクトにまとまっている(でもからくりサーカスが面白いことには変わりないのですよ)。
内容は至って簡単に述べると「見られたら死んでしまう謎のフクロウが東京に出現、それに立ち向かうのはフクロウを仕留め損ねた猟師と巫女さんとアメリカの人たち」っという話。簡単に述べてしまうと何だかホラー漫画っぽいがそこは違う、冨士田先生のユーモア感あふれるキャラたちが実に素晴らしい!そして謎のフクロウの奇怪な存在が実に気持ち悪い、がしかし最後のフクロウはなんとも、フクロウもまた気持ち悪い奇怪ながら色々とあるのです、これもまたからくりサーカスに出てくる自動人形たちに通ずる物がありますです。
パニック物というわけではない、っまあなんとも藤田先生らしいストーリー展開と言っていいのでしょうか、読んで見るべき実に素晴らしい作品です><
なおこの漫画が発売されたのは一年ほど前なのかな、兄貴が買ってきたものです。今まで読んでいなかったのは「そのうち読むからいいか」と言ういけない理由からですが、一度読み始めるとグィグィと引かれる素晴らしい漫画でした。
おもしろかったぞー!!1

THE・コミンテルンの陰謀

誤字脱字が多いのは全てコミンテルンの陰謀です。ヤードさんに文章を書かせたあと読み返さないようにコミンテルンが仕組んでいるんです。


・戦後の日本の警察


なる本を古本屋で買ってきた。V-2はあとで読むとして半日かけて大体読み終わった。内容は戦前の警察組織や特高から如何に現代の特高(一部の方々が言うには、一部のやっている事を見ればそういわれるのも仕方ない気もするけどっまあそれはいいすぎではないかな)とか言われる警備公安警察が復活したかについて論じられてます。
明治時代からの警察の歴史をちゃちゃっとかかれ、オイコラ警察と言われる由縁たる話はチョイ面白かったのです。
あとは大体昔買った公安警察物と内容が重複していたので特に真新しい話はなかった。が微妙に詳しく説明されており実に気分が良いのです。
ほかに公安警備警察以外に刑事警察についても記述されておりヤードさん買ってよかったぜー状態です。
また年代別によって書かれている警視庁と警察庁の組織編図は見ててすごくwktkするのです。

ヴァレフォール星団のテロ組織 そのニ

ヤードさんの箱庭星団諸国設定 テロリズム編

・ディルタニア惑星群反人類武装戦線 イシコロ


リルバーン帝国によって結成された反人類テロ組織。星団内の中で数々生まれた反人類過激派の中で最も異変とすべき点はこの組織並びに類似組織の大半が「人類系」並びに「コーディネーター」によって構成されている点、そしてその限りなく少ない人類系反人類組織との中で人類と言う集団への段階的抹消を志向した集団であることだ。

旧アーヴグスト社会主義共和国の思想家であり革命家でありテロリストのウリャノフ兄弟(人類に対し死刑を宣告する革命裁判所)の著書「人類という集団の段階的抹消への道のり」「人類のコミュニティの段階的抹消への道のり」に深く影響を受けたコーディネーターら及び純人類によって組織された。


アドミレーターが誕生する前後の過度な人類側によって引き起こされた在来種つまりは知的生命体が存在した惑星への植民地政策を研究する学生間の委員会として発足した組織は、それと共に反人類の面が強まっていった。そして星団内の数々のこの人類の入植の歴史に対する反省面を是非するべく立ち上がった人類系の勢力とは異なった形で学生らの怒りが爆発した。それは「人類の今までの罪状を死によって清算させる」とするウリャノフ兄弟の意思を、兄弟の著作と行動で受け継いだものだった。


四名の研究会から発足した「イシコロ」のほかにイシコロから分派した「シャープペンシル」、そして他にイシコロらのテロによって共感を得たリルバーン国籍のコーディネーターによって組織された「花火」「黒い旗竿」のニグループが存在し交互にリーダー間での連絡を取り合っていたほか、合同清算作戦と称し四派一斉でのテロ事件を策動した。

リルバーン治安当局は直ちにこの過激派事件に対し対策組織を設置した、結果リルバーン内でのテロ行動並びにオルグが危険性を持ち始めこれによりリルバーンにおける拠点地継続を断念し、新たな合言葉として「リル帝の力の及ばぬ地域にての戦力温存、増援、強化」が誕生、反人類惑星国家郡に亡命を試みた、がしかしリルバーン治安当局によって大半のグループの指導者及びメンバーが亡命直前で逮捕された。
唯一組織としての体面を保ったのは「黒い旗竿」であり、リーダーであるアマンダ・カーゾン(26・リルバーン出身コーディネーター)はアーヴグストに亡命するも、アーヴグスト政府内での凄惨な内ゲバを開始した事により「新たな、そして戦闘的、反人類的暴力戦線の拠点地建設」という構想を発表、メンバー三名と共に現地でオルグしたニ名のアーヴグスト人を引き連れ、ミレニアム・ヴォルフを拠点地とする新たな反人類=反リルバーン戦線の構築を決意し、アーヴグスト共和国を脱出を試みる、しかし小型輸送艦艇がアーヴグスト政府当局に見つかり数時間の逃亡劇の末、艦艇は自爆(又は撃ち落されたと言う説もある)、彼等の言う反人類革命闘争は終結したのであった。


参考文献
・イシコロ=人類を憎んだ人類
・反人類過激派全ガイド ディルタニア編
・人類と言う集団への段階的抹消への道のり
・アーヴグスト社会主義共和国興亡史 国家廃絶から真の廃絶へ

北斗の拳そろえる為に

バイト始めることにきめました。高校生以来のバイトです。滅茶苦茶緊張しとおります。

っまあ始まるのは年末なので特に気にすることはないですけど。あとは最近原チャリの教本を読んだり読まなかったりと。何だかよく分からん休日を過ごしました。


・お父ちゃんと一緒に


この休日のときに虹の郷なるところへ行った。当初は行く気がなくめんどくさかったけど、行ってみるとこれまた結構面白い。ミツバチが花の蜜を吸っているところを写真に撮ったりと遊んでおりました。
また一昔前にニュースでやっていた皇太子殿下の娘さんの名をとったチューリップを鑑賞しつつ家族のお土産を買うか買わないかとお父ちゃんと話し合いながら帰ったのでした。

結局買わずに帰ってきました
たーぽーい。


・報復兵器 V-2


なる文庫本を古本屋で購入してきた。今からほくほくしながら読みやんす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。