2014年03月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今まで描いてきた国別軍服・征服

44:
ソ連
30:
アメリカ
28:
ドイツ
22:
ロシア
8:
イギリス
日本
6:
イタリア
4:
ルーマニア
中国
3:
クロアチア
2:
アフガニスタン
ハンガリー
ブルガリア
ベトナム
ポーランド
オーストリア
1:
イスラエル
チェコスロバキア
ボリビア
フランス
マケドニア
ユーゴスラビア
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

beroya-dosi

中世にてノルト王朝の支配下に組み込まれたヤード人。少数のノルト人支配者層が入植したが、徐々に多数派のヤード人が支配者のノルト人の文化を飲み込みヤード人とノルト人の独自の文化を生み出す。その後第一ヤード帝政の皇帝による第一次西方遠征によって征服されノルト人の支配区域は西方へ引き下がった。時の皇帝は数少ない少数派のノルト人を文明の伝達者として重宝しまたこの土地に住まう彼等を穢れのないヤード人、ベロ(白い)ヤード人と呼んだことからこのはベロヤードと呼ばれる事となる。ベロヤード人は自らをノルト人と名乗り(ノルト語を話せない農民ですら)度々大反乱を起した。八月革命によって第一帝政が打倒されヤード・ゴニエが建設されると直ちにベロヤード社会主義共和国として独立国家を志す青年革命家らはヤードグラード派、ヴィルリン派と対立し「主な対立の要因はヤードを中心とした社会主義「国家」の建設」そしてヤード革命をファーレラントへ波及させ世界革命へと発展させようとするものであり結果両者は共倒れし、ノルト人貴族率いる白衛軍が赤衛軍を打ち破り現在に至る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。