スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ人自治区

・それでね、私言うの 神様私は苦しみましたうんたらかんたら

ワーニャ伯父さんを久しぶりに読み返す、なんともいえないソーニャの悲哀感が…ロシア文学は数えるほどぐらいしか読んだことありませんが、うん実にいい…某フラッシュにはまりみてみたけど、これほど心に来た物はない…もう少し年取ってから読み返せばさらに新しい物が見つかりそうな感じなのです。
そういえばスタちゃんの時代ではチェーホフ作品は迫害対象だったらしい、なんでだろうかね。赤軍記者グロースマンで有名なグロースマンさん、もたしか戦後に迫害されていたとな、戦後にてソ連ではユダヤ人迫害が代々と成されていたとな(戦前からか?そこら辺は忘れた)いやな時代ですねえ。まあそんな一言で片付けられる時代でもないし…でもうん、いやだなあ、、、ん…結局それしかでなかった。か、うん。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。