スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ

・プーチンの親父は特殊部隊員、その親父の親父はレーニンのコック

凄い一族だな、おい。っという訳で今「剣と盾」という本を読んでいるのです。うん、KGBでおなじみのあれです、あのKGBの紋章です。ちょい昔の本でありまして、KGB及びGRU(スペツナズで有名なやつ)の組織・機能及び国内外の諜報活動をまとめた本です。頭の悪いヤードさんにも実に分かりやすい内容で、特に第一章のロシア帝国から現ソ連邦(この本が発売された頃はマダソ連はあった…)及び第三章のKGBとGRUの組織機能は読んでいて実に楽しくためになるものだった。いやはや如何にKGBがどでかい組織であるかを思い知らされたしだいです。007を見て育った自分にとっては有難い本です。


・狼耳モード

なのです。実に良いですねえ、何となく最近狼耳にはまっております。つい数年前までは狐耳でしたがね、いやはや良いですねえ、実に良いですねえ。とりあえず箱星は宇宙ものなのです。と言う訳で人外もおkなのですよ、多分。そんなわけで狼耳+尻尾付きというどこの萌え漫画だよというわけの分からん設定で頑張りたく思います。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。