スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーニンは死んだ、しかしレーニン主義は生き続ける

・ジオブリーダーズ大人買いしてきた

フヒヒ、大人ですよ。ざっと一日かけて一巻から十三巻まで読んできた、うぬぬぅ、絵が変わっております。変わってなかったら困るけど、個人的には一巻の頃の絵が好きです。そんなこんなで梅崎さんがかわいすぎます、スーツですよ、スーツそれも2丁拳銃。時々軽機関銃やら色々と持ち出しております。
そんでもってあれですよ、あの何時の刑事ドラマだよ!見たいなカッコしているのですよ、なんとなく禁酒法時代のアメリカのギャングみたいなんですよ、それが滅茶苦茶可愛いと言う訳です。恥ずかしいカッコだからこそかっこよく見えるのですよ!
うぬ、何だかジオブリーダーズを読んだのか、それとも梅崎さんしか見てなかったのか分からない文章だけど、ジオブリーダーズは面白いよ!

・ヤードさんの原付物語 そのニ

シオンさんが試験を受かったようです。喜ばしいのです。何で原付を取ろうかと思ったって言うのは、移動手段が無い事と回りもとっているし自分もとりに行こうかなっというわけの分からん理由なのは内緒なのです。

ってなこんなで昨日学校をお昼に出て近くの警察署に寄った。時間はお昼近く入り口に近づいてみると、おおおおぉぉ?お巡りさんが立ってないぞ!ドラマじゃよくたっているのに!!!!11っとなことでヤードさんの目的の一つであるカッコいいポリスメンをみるという目的が遠のいたしだい。
最初の目的が達成できず、駐車場にとまっている各種のパトカーやら警備車?なんやらをざっと見渡した後きれいな婦警さんに原付の免許を取りたいという意思を伝える。婦警さん困惑した表情で「戸籍票が必要なので市役所へ行ってください」っとのこと、市役所はまあ遠くは無いですが自転車で戻るのは疲れる、しかし仕方ない。そもそも事前に準備せずにきたお前も悪いのです。
大急ぎで市役所へ向かい、市役所に着くも馬鹿広さに迷いつつも戸籍票をもらう、だらだらと汗を流しながら警察署へ戻り、婦警さんがすわっていた窓口のところにいくと、ちっちゃいたて看板に「午前の受付は終了しました」
ヤードさんの原付免許取得の戦いはこれからも続くのであった!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。