スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぇ

無名箱戦線

うぬぅ。ブラジリア氏にアドバイスをもらい、国土を大改造することを決意。たぶん今週中に改造は終わる。なんほどそんな機能があったとは!っ手自分が知らないだけな気がするけど、

南米宣言の発案国だけにこのブラジリア国の行動をどう対処すべきか、ここが実に問題だった友好国を取るか、もしくは宣言の意思を貫徹するか、っとここで宿さんのあまりにも脆い意思は崩れ落ちたのでした!

そんなわけで脆いヤードさんの意思によってブラジリア国のコロンビア併合が決まりましたこの併合は南大西洋の賛同でありますが、ここで米州国の反発を持って、さあ大変だっで次回へ続く。。。

箱国戦線

はい、戦争が始まり戦争が終わりました。神州氏の誤爆にはじまった戦争。呼称はディルタニア戦争。今のところ各自停戦しつつ、残るはリルバーン陣営とファーレ王国の戦いだけです。

今戦争はオドロブノ国の絶大な支援によって我々ディ連邦陣営が何とか戦力が維持されたといっていいではないでしょうか。うん、圧倒的な物資を有するアレイスター・リルバーン陣営に対する戦いの前に物資というか兵器のなさに泣けてきた高いでした。。。w

うぬぅ、最後はアルベニック国の仲介により戦争は終結したのでした。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

ラウレアーノ・ゴメス評議員の回想録 脚色や憶測混じりなのでご了承を。 武力衝突 「神州人民共和国より奇襲を受けました。核基地が破壊です。すぐに反撃を」 「待て、神州からの宣戦布告がない。一発だけなら誤射かもしれない」 「誤射であっても実際に攻撃を受けたからに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。