スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうでもいいけど

昔の他人の報道記事をみてるとwktkしちゃうよね。特に今は亡きサンシューさんや日照さnの報道は一日中見ていてもあきなそうだ。


・土着の宗教を作ろう

なんだか、二つの国に迷惑をかけてしまった。これを機会に土着の宗教を作ることを決する。特に考えていないけどそのうち考える。。。と言うわけでというわけです。



・ディルタニア連邦軍シェイフィナリア方面軍

駐留軍

かつては三洲連合共和国のシェイフィナリア覇権政策に対抗するため組織され、現在はシェイの防衛政策に深く根付く形となった。方面軍の構成はヤードゴニエ連邦軍、神州人民解放軍を主力としセッズ軍そして少数ながらりルバーン共和国軍が派遣されている。
かねてからディ連邦軍と市民らの関係は良好であり、その理由として委任統治領から続く搾取政策に対しディ連邦軍派遣により終止符を打った形となったからであるとする説が有力だ。
またディ連邦において最大の石油供給国であり、このことから三洲連合共和国に対する対抗のための共闘から経済、軍事に関する幅広い関係へと至った。

当写真はディルタニア連邦軍シェイフィナリア方面軍の下士官であり、行軍中の休憩の際にて装備を外し、故郷から送られてきた手紙を熱心に読み返しているところを撮影したものだ。
彼は照れながら我々にこう答えてくれた「三洲高級指導部から開放されたシェイフィナリアは一時的な危機から脱却した、しかし今もその地理的要因からあらゆる国家に狙われている、我々はそのためにディルタニアの同胞たちとと共に立ち上がり守っているんだ、肌の色や言葉を越え団結している、あらゆる民族を包括した偉大なる勝利の前夜だと思っていただきたい」
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。