スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参謀殿「おい軍通、有線が使えんぞどうなってる!」

・警察の無線ってどうなってるの?


革○ル派が警察のデジタル無線を傍受し解析していた!っという話を昔公安警察関係の本で読んで以来気になっていた物。「はて、無線ってなんなんだろう???」漠然とした物であったのです。第二次世界大戦にての戦記物でよく出てくる「無線封鎖解除!」とか強力な無線機能を有した指揮車両だとか、よく傍受さていたとか、無電等々…何なんだろうか…と思っていた数ヶ月間を過ごしている中ブックオフにてとある雑誌を購入した。

とある雑誌というのは一つの特集を組んで警察に対する無線について書かれていた、その雑誌がいうには県警無線と地域無線、そして部隊活動系無線に分けられると書かれております。kwskは面倒なので書かないのですが、実に分かりやすく書かれており、アマチュア無線といった物の名前は聞くが一体どんな趣味なのだろうか?という所から一歩入り込んでしまったような感じがするヤードさんでした。
他にも警察の予備知識みたいなのが載っており実に面白い内容だったのでしたし、革○ル派が傍受していたというデジタル無線についても説明がなされており大満足たる物でしたー><

唯不満があるといえば、警察無線についての内容は二ページのみで、あとは警察に対する予備知識が大半を占めていたことだったが、ヤードさんにとっては原始人が火というのをどういうものか知ったほどの躍進でした><

兄や母親に「お願いだから外でそんなへんなもん読まないでくれ」といわれて終わります。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。