スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権伝説

・箱星戦線


とりあえずアクエリウス国と定期的に資源と資金の貿易が出来ることによって大体潤ってきた。何が潤ってきたんだよというのはなしで。
エストレンジー国と関係構築、元々反人類強硬派メンバーと親人類メンバーである帝国と関係が構築されたことによりヴォルフ帝国と一時過熱状態になったけど、何だか相手がなし崩し的に緩和政策を打ち出してきたことにより現在の依存しあう体制になる。
そんでもって親人類及び人類圏の盟主的立場にあるリルバーンとの安保を構築することに成功する、多分これが引き金となったんだろうか、ヴォルフ陣営の緩和策は、とりあえず共通の敵がいなくなったというわけではないので安保は継続するつもりで良くかもしれない。


・無名箱戦線


なんかせんそーおこっとるどー。今は国がないから特に発言しないけど。なんで態々口を出すのかって言うのはとあるお方に「おい、ヤード、お前も共産圏側に参戦しろ!!1」っといわれたからです。


もう数ヶ月前に辞めたよ!!!!!!!111111

きづいてよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!111
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。