スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車に揺られながら

・本読むって気持ちいい


スタバで時間つぶししていると隣のおじちゃんに「勉強熱心だね、高校生?」と聞かれた。



、人目であったときから君にめろめろ


コーカサス国際関係の十字路なる新書を買ってきた。おもすれえええええええええええ以前買った東欧再編だかなんだかは政治情勢については少ししか語らず永遠と経済政策だけが載せられていて涙目状態だったです。しかし今回一目ぼれしたコーカサス本は実に良い!!!11サァとロシアの暴虐っぷり(とはいいすぎなものの)相当なもんなんですな。
オリンピックにて起きた紛争にても「なるほどこんなことがあってこんなことになってたのか」というときめきっぷりと言ったらないですよ。実に面白い。実に楽しい、実に萌え燃え名本でした。

コーカサス国際関係の十字路 (集英社新書 452A)コーカサス国際関係の十字路 (集英社新書 452A)
(2008/07/17)
廣瀬 陽子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。