スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱庭世界の元設定

{{基礎情報 国
| 自治領等 =
| 公式国名 =南部メッサーナ・レーテ共和国
| 英語国名 =
| 略称 =
| 国旗 =
| 国章 =
| 国の標語 =赤色の戦線を維持せよ!
| 国歌 =トニカラ人民の歌
| 国歌追記 =
| 位置画像 =
| 公用語 =トニカラ語
| 人種 =
| 首都 =赤色特別区
| 特別都市名 =
| 特別都市名1 =
| 最大都市 =
| 政治体制 =共和制
| 元首等肩書 =最高レーテ(評議会)議長
| 元首等氏名 =ウリヤノ・D・モルゴソフ
| 他元首等肩書 =
| 他元首等氏名 =
| 首相等肩書 =閣僚会議議長
| 首相等氏名 =ミハイル・ダルゴフ
| 他首相等肩書=
| 他首相等氏名=
| 他首相等肩書1=
| 他首相等氏名1=
| 他首相等肩書2=
| 他首相等氏名2=
| 面積 =
| 面積順位 =
| 面積追記 =
| 総人口 =
| 人口順位 =
| 人口密度 =
| 人口追記 =
| GDP(自国通貨表示)=
| GDP(自国通貨表示)順位 =
| GDP(MER)=
| GDP(MER)順位=
| GDP/人 =
| GDP追記 =
| 建国 =
| 確立形態1 =
| 確立年月日1 =
| 通貨 =
| 通貨追記 =
| 時間帯 =
| 産業 =
| 公定歩合 =
| 使用暦法=
| ccTLD =
| ccTLD追記 =
| 国際電話番号 =
| 国際電話番号追記 =
| 注記 =
}}

== 国名 ==


== 地理 ==
肥沃な大地であり、世界有数の穀物地帯。
=== 世界遺産 ===


== 歴史 ==
第三次メッサーナ大戦の戦災によって王制は崩れ去り共和制が導入された、しかしその後の後継者たる為政者の圧政と悲惨なテロルに悩まされた国民は国民を主体とするトニカラ国民共和国の建国を宣言する。しかしこの王制から独裁体制にかけて構築された不安定な民主主義は共和国を常に左右の過激派に脅かさせた。
国民共和国建国宣言から数年その中の特に初期の数ヶ月は左右の過激派勢力は自ら私兵組織を持ち、互いにけん制しあった。しかし経済も安定し一般市民もこの左右の過激派からも遠のいていった。だが未曾有の大災害と大不況をえて再び左右の過激派に国民の目が留まった、右の過激派であるトニカラ国家人民党は武装蜂起しトーチャルカ進軍という名の軍事クーデターを実行失敗に終わる。
このトニカラ国家人民党の武装蜂起の失敗を経て改めて確認されたトニカラ国民共和国における民主主義の不安定さは各都市での共産勢力による「レーテ共和国建国宣言」から発端とする社会主義革命によって改めて確認された。
各地で建国されるレーテ共和国並びに武装勢力はついに全国土を掌握し各都市で建国されたレーテ共和国の連合体たる南部メッサーナ・レーテ共和国の建国を宣言した。
=== 関連する歴史項目 ===

== 地域・行政区画 ==
南部メッサーナ・レーテ共和国は七つの共和国によって構成されている。これは各都市で宣言されていた「レーテ共和国建国宣言」の流れからくるものであり、だが特にこれといって地方分権的な連邦制を導入しているというわけではない。行政区分としては共和国単位であるが共和国としての地位は低く実情は中央集権的な独裁国家となっており、トーチャルカ市並びに中央政府に絶大な権力が集中している、このため海外のメディアからの呼称は「○○レーテ共和国」ではなく「○○市」と表記されるのが通例となっている。


トーチャルカ・レーテ共和国
カチューシャ・レーテ共和国
オルティマ・レーテ共和国
ナツシカ・レーテ共和国
南トニカラ・レーテ共和国
アボルタ・レーテ共和国
ボリシジニ・レーテ共和国



== 代表的な都市 ==
トーチャルカ市。トーチャルカ共和国の首都並びに南部メッサーナ・レーテ共和国の首都機能を有する。

== 政治 ==
中央集権的な典型的な社会主義国家。トニカラ統一戦線並びに衛星政党のトニカラ民主党、トニカラ国民党が存在する。
また支配政党であるトニカラ統一戦線に絶大な権力が集結しているためトニカラ統一戦線書記長のイワン・R・ティモシェンコが事実上の指導者と見ていい。

国家元首に関しては最高レーテ議長と憲法に規定されている。
=== 憲法 ===
レーテ革命軍が全土を掌握後トニカラ人民憲法が公布された。

=== 立法府 ===
最高レーテ会議を頂点とする、常設機関として最高レーテ幹部会議が存在する。

=== 行政 ===
行政を統括する機関は閣僚会議であり、その長は閣僚会議議長である。

== 外交 ==



=== 外交関係を有する国家 ===
{{国家一覧}}

=== 所属組織・締結条約 ===

== 防衛・安全保障 ==
国家の防衛組織として自衛軍を有する。

== 法律・司法 ==


== 経済 ==

=== 国内経済 ===

=== 国際経済 ===

=== 通貨 ===

=== 物価水準 ===

=== 各種統計 ===


=== 税制 ===

== 産業 ==

=== 農林水産業 ===

=== 鉱業 ===

=== 工業 ===

=== 金融業 ===

==== 公定歩合 ====

=== サービス業 ===

=== 主要企業 ===

=== 科学技術 ===

== 交通 ==

=== 航空 ===


=== 鉄道 ===


=== 道路 ===


=== 海運 ===



== 民族 ==

=== 人口統計 ===


== 言語 ==



== 宗教 ==
宗教に関しては国家が監督し、事実上の統制下にある。


== 教育 ==




== 栄典制度 ==



== 文化 ==

=== 風習 ===

=== 祝祭日 ===

=== メディア ===
メディアに関しては国家の監督下に置かれ、党、軍、国家の3チャンネルのみであり民間放送局は存在しない。一部の知識人らは非合法で衛星放送を受信し、海外の情勢を知ろうと躍起になって。

==== 報道の自由 ====


=== 衣装 ===

=== 食文化 ===

=== 住宅 ===

=== 娯楽 ===

=== スポーツ ===

== 関連項目 ==
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。