スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふひゃー

またもや久しぶりに某動画サイトのランキングを見たら昔どおりで安心した。相変わらず自分は気持ち悪いニ○厨です。


・ランタンがガチャッとか頭がモギュッ複数とか

昨日の学校帰りにちょいと大量に漫画を買ってきたのです。

パンプキンシザーズ、アニメ化して以来信者さん的に新規客が入っているもどかしさと、たくさんの人に知ってもらいうれしくなるという狭間でフヒフヒしてました。気持ち悪いですね。
一巻ごろの軽く天然ぎみだった少尉もすっかりまともになってきました。ついに装甲列車をぶち壊してしまった伍長さん、そろそろ地上要塞相手に出陣する頃なのでしょうかね。何だか昔要塞みたいなところに出陣していた気がするけど気にしてはならないのです。それと共和国側の人身売買連中のお姉さん可愛すぎ。
ヒャッコもアニメ化する見たいらしいです。嬉しいですねえ。うえうえ。

っまあ話しはここらへんで。

・最近読んだ本

通信隊戦記なる本を読んで、ちょい旧軍に興味を沸いたので帝国海軍士官入門を購入。100数ページほどしか読んでないけど素人的には何とも有難い本だ。陸軍将校バージョンとかないかなこういう本で。

さてはて、通信隊戦記なる本を読んで感想です。

この話ヤードさんはどうやらベトナム戦争とかで分隊やら小隊と共に通信機ひっさげて一緒に戦闘をする話かと思い購入したところ、これは方面軍司令部から師団司令部までの通信施設の整備をたんとうする軍通信部隊の話だったのでした。「はて、軍通信隊とは何ぞや?」っと思い読み続けていくとどうやらこれは軍直轄の部隊であり、これと同様に師団通信隊、連隊通信隊があるというとな。っまあ前話しはこれぐらいとして読み続けていると、この本の主人公は中国戦線にて従軍した若手の将校話しであると、日本を出て中国戦線にて師団司令部と共に戦場まで行き通信線を軍司令部から師団司令部まで張り巡らせたり、最前線近くまで行き軍司令部における通信施設(合同通信所)に適切な施設を探したりと何とも、縁の下の力持ちといった仕事を従事するという話が展開されておりますです。
味方の兵隊さんたちに有線を切られたり、自然災害によって通信が断絶してしまったりするとそのたびに出動する主人公らの話しを見ていると何とも、これはこれで重要かつ大変な仕事だ…いやはやと感じる次第であります。

・真理をもとめて

自分の真理こそおにぎりの具がおかかであること。そしてもう一つの真理を見つかった。短髪のめがね少女は可愛いと。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。