スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突撃労働英雄

ラスコ
ソフィア・ニコラエヴナ・ラスコーリニコワ。自由族・騎兵派/アナニエフ・農村派ブロック所属。アナニエフ氏の第一書記就任と共に閣僚要りを果たし以後赤軍内にて磐石な支配体制を確立。ニコライ・ラスコーリニコフに父を持ち、古参暴力同盟派を巧みに利用し現在の地位に着く。またアナニエフと共に組織した赤色自由族軍団においてのアタマンとして就任したという権威を利用した。

核兵器至上主義者としても知られ、かつてLA以前では矢連邦は世界一の核兵器保有国として君臨した。

当画像は、民主主義防衛戦争勝利記念パレードにて参加した際の画像。グリーンの礼装(帝政期を沸騰させるものであると保守派グループは反発した物の、結局ラスコーリニコワの強い意向により採用された)を身につけているらしい。
スポンサーサイト

コメント

如何でも良いけど、ソ連軍の軍服って、元帥とか凄いゴテゴテしてけばいですよね(笑)
だよねー。ソ連産の元帥さんとか滅茶苦茶派手だしね

ジューコフさんとか一体その勲章とかやらでドンだけな重さになってるんだといいたくなるww

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。