スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ人、共産主義者のみんなー、特別行動隊だよー

kuronbo

炎628が未だに怖くて見れない。


・アカとアカとピンクとカルトと革命主義

戦線政府と革命主義とやらでころころ体制が変わらなければ別にいい。とりあえずカルトとピンクは無茶なことを言いすぎだw


・アニメとか漫画とか

別に自分はアニオタとか言われるほどアニメは見たことないので的違いな事を言ってしまうかもしれないがひとつ良いたい、何ともネウロの出来が実に宜しくない、原作ファンとしては辛い何とも言えない気分なのです。いやタシロのDCSを初っ端から持ってくるのはまあ良いとして、タシロさんの言葉をチョイチョイはしょってしまうことに実になげ悲しい。

ついでにブックオフをさ迷っていると「銃と女の子が出る漫画で何か言いのある?」という問いの中で答えが返ってきた作品の中の一つに遭遇。全巻(といっても二巻で終了だけど)を購入

ヤードさんの脳みそは戦う女の子が出てくれば良いと言う短絡的というか簡単な出来なので、まあこんなあほはバ○キリーでも読んでなさいと言う事なのです。

・スターリン家族の肖像

何と、戦後のルパシカ型と思われる軍服を着込んだ、ヨシフの孫だか曾孫の軍服姿の写真が載っていてヤード歓喜。どっかで戦後まで使われていたとだけはしっていたが本当に使われていたとは・・・その後の野戦服だか何だかも嫌いでは無いけど、やっぱしこれも良いなあー。
さてはてヨシフの息子やら娘は相当ずさんな生活を送っているようで、ってかブンジョヌイ(ブジョンヌイだっけ、どっちだっけ?)の娘と結婚してたのかよ、アル中息子。初めて知った。
スポンサーサイト

コメント

戦う女の子といえばコミックヴァルキリー!
現代視覚文化研究って言う本で編集長が熱い思いを語っていたのを読んで以来、立ち読みの対象になっております
あーそうだコミック・ヴァルキリーだw

自分は立ち読みはさすがに勇気がいるwレジのすぐ横にあるだけにww

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。